S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2013年度3年生第4課題 インテリアコース 建築的発想法による、小さな建築をつくる。
2013年度 3年生 第4課題
インテリアデザインコース

建築的発想法による、小さな建築をつくる。

担当:鈴野浩一先生、米谷ひろし先生


課題および、参考作品、メイン担当の鈴野先生からのコメントをご紹介します。


講評風景
b0049355_19132940.jpg




【 課 題 】
建築的な発想、思考力を養うことを目標とします。
建築特有の考え方を学びます。その視点、プロセス、思考法により発想の可能性を広げる。
建築的な発想法、思考力を学び、それを応用し、プロダクト、洋服、家具、
インテリア、本、映像、、、、等、表現方法は問いませんが、完成させて
発表してください。
ただし、どのような理由で建築的かをきちんと説明してください。


【 総 評 】
建築的な思考や視点を養い、アウトプットの方法はみな自由で、それぞれにその思考を応用していくことが求められた課題です。講評会の時は総じて作品の完成度も高く、みていて楽しませてもらいました。米谷さんと選んだ下記の作品の他も良い作品が多く選考するのは大変でした。ただエスキスの時間ですが、紙面上での思考が長かったように思います。原寸模型での提案を求められているので、一度はモックとして原寸模型を制作し、そこから発見的に自分の体感として何を気づけるか。テキストや説明で語っていることが、それらがなくてもモノから言いたいことが読み取れるか?など自問してもらいたいですし、僕ら講師にも講評の一つ前で見せてもらえたらと思ってます。この課題での経験を次につなげて行くことを期待してます。




◎坂下 みつき 『時間の建築』
b0049355_18491317.jpg

b0049355_18511353.jpg

とてもきれいでしたよ。 
ミラースプレーと水の表面張力の組み合わせ、水銀の様で時間によって移ろう風や光、風景の写り込みを切り取っていました。




◎土田 美菜子 『人のための巣』
b0049355_19115246.jpg

b0049355_1912159.jpg

実際に作ってみて、なかにも入ってみてどうでしたか? 作ってみて感じたこと、入り込んで感じたこといろいろな場所に置いてみたり、内で過ごすことで発見的に気がついたことをできたら、加えられたら良かったです。




◎織笠 琢 『チケイデスク』
b0049355_19412270.jpg

b0049355_19413135.jpg

よく最後までつくりましたね。
アイデアのスケッチだけから分からないこと原寸で体感して次への創作へつなげてください。




◎髙木 麻衣 『hang shelf』
b0049355_19384229.jpg

b0049355_19385061.jpg

良かったですね。いろいろ細かく良くしていけば、おもしろい展開になりそうです。ぜひ続けてください。講評会で原寸のモックをひっくり返しましたね。模型を原寸つくったらそれで満足しないで、そこからいろいろな視点で見てください。




◎村上 綾菜 『ありのめ かるた』
b0049355_1919252.jpg

b0049355_19193364.jpg

皆が参加できるゲームという着地は良かったです。
建築の設計では自分を小さくして模型や図面の中に入り込んでいきます。そういう思考のトレーニングにいいと思います。




◎鈴木 まなみ 『街の色』
b0049355_19243219.jpg

b0049355_19244282.jpg

大作でしたね。色の採取というプロセスもおもしろくユニークでした。
みせかたもミニマムでドナルド・ジャッドのアートのようにとても美しかったです。
入ってみてどうでしたか?発見的に




◎塚本 紗千 『のぞきあな』
b0049355_21132915.jpg

b0049355_21133974.jpg

入ったときは暗くて分かりませんでしたが大作でしたね。一方向的な導線でなく島状にしてまわれても良かったですね。




◎向後 舞 『AGGREGATE -Floating Cloud-』
b0049355_1927713.png

b0049355_19265960.png

b0049355_19304010.jpg

b0049355_1931056.jpg

壁に映った 光、影がとてもきれいでしたね。つなげていく雲の形もきれいでしたが、原寸で実験していいなと自分やまわりの人がおもったらそこからもう一歩すすめてみて、もっとまわりに映したり、空調の風でゆっくりまわしてみても浮かぶ雲のようであったかも。




◎小此木 勇人 『呼吸する光』
b0049355_193989.jpg

b0049355_19391729.jpg

b0049355_19392643.jpg

b0049355_19393451.jpg

こちらも大作でした。アイデアは最初からぶれないで、すぐ制作にかかれたのは良かったですが、時間はあったので1週間前にはできて作ったことでそこから発見して何か変化が生まれればよりよかったなとは思います。




◎吉岡 サリナ 『rinkaku』
b0049355_19433165.jpg

エスキスのときはどうなるかなと心配でしたが、落としどころはなかなか見事でした。プレゼンもきれいでした。もうすこし コレクションとしてあと3つほどみることができたらなお良かったです。








(kta)
by edd-news | 2014-02-22 18:00 | Grade 3
<< 2013年度3年生第4課題 イ... 日比谷ランドスケープ展 >>