S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
Hot Topics
Grade 1
Grade 2
Grade 3
Grade 4
Grade M
Open Campus
Joint Program
TokyoDesignersWeek
Lecture
School Life
Recruit
今日の花壇
学外業者リンク集
緊急情報
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
3年生第1課題
3年生の課題を一部ご紹介します。


第一課題

《インテリアデザインコース》
— 現代日本のホテルを考える —
担当:高取邦和非常勤講師、大嶋敏裕非常勤講師


【総評】
数年の間にホテルの表情が変わっていく様に毎年の学生のプランも変化してきている。ホテルに期待する非日常生、エンターテイメント、その土地ならではの訪ねていく魅力 “地産地消”の概念などの提案がなされたが、ハードの建築・インテリア・バックヤードシステムを通して、ユニークな表現で展開した例が多々あった。特にスケールアウト、空間の水中への発展、高架下の物異空間の利用や、プライベートルームが演出の舞台へと転換するなど新しい視点も目立った学年であった。



b0049355_15363739.jpg


白銀さんの作品
ダイナミックなショースペースと室(宿泊スペース)との関係が場合により逆転するなど新しいホテルの有り方に迫るものがあったが、具体的空間提案まであればパーフェクトであった。


b0049355_15382066.jpg

狩野さんの作品
水中の客室が移動するというユニークな発想はミーティングで展開して確実に進歩したが、構造的に解決すべき部分が造形的にも無理に感じる点など課題もあるが大変魅力的提案である。


b0049355_15394543.jpg

安永さんの作品
良くまとまったプランであるがアーティストのこのスペースでどう表現できるかの場の提案が今一歩である。



北原君の作品
大胆なガリバー的ともいえるホテルのイメージは強引であったが魅力を発揮した。小さなディティールの積み重ねを図面でもう少し解決できれば更によかった。


多摩美術大学非常勤講師 高取邦和



《建築デザインコース》
―表参道に建つ「店舗+事務所」複合ビル―
担当:田淵諭教授、森下清子教授


現地調査・測量の様子
b0049355_1622930.jpg

b0049355_1624431.jpg

b0049355_16262061.jpg
b0049355_16252984.jpg



作品とコメント

【総評】
今回の表参道に建つ「店舗+事務所」複合ビルは、学生にとって初めての積層建築への取り組みであった。
求められたのは、機能動線の整理、機能の違うものをどう積層させるか、機能の違った空間を総合的にどう空間化するか、これらを総合的にまとめるにはどのような構造を使いどのような架構を作るのがよいのか等を、建築法規にも照らしながらのデザインであった。
今回は皆出席率が良く、毎回ほぼ全員の出席であった。
良かった点は、各自がやりたいテーマをもって設計に臨めたことや、計画内容の密度が上がったことである。
今後の改善点としては、初期の段階でニーズをはっきりと定めダイヤグラムに落とし込める数値的な検討や、各自の建築設計にとって一番見せたいもの、アピールしなければいけないところをしっかりと表現することであろう。
全体的には内容の濃い充実した課題の取り組みという印象を得た。これをきっかけにより努力をして建築のスキルを磨いていってほしい。


b0049355_16354100.jpg
井上真君
5つのブロックに分け、その中間を大きな半屋外廊下で結ぶ計画は明快で、あの場所性が良く活かされている。壁構造で壁面とガラス面を明確に分け、構造的な明快さと空間の変化がうまくかみ合っている。良い計画なだけに、外観やディテールへの詰めがほしかった。図面は、スケールと密度を上げて人の賑わいまでも表現したかった。



b0049355_16375117.jpg
KIM Soo Heeさん
表参道とキャットストリートの交わる場所としての人の流れを良くつかんだ計画である。1階に広く開放的に設けられた広場はとても気持ちがよい空間である。またその場に設けられた吹き抜けに面して各階の視界が表参道のケヤキ並木に開放的につながり、建物の全体にリズムが出ていて良い。各フロアーの店舗もスケール感が良くデザインされていて機能的であり、空間としても大変魅力的である。図面も全体的に良く描かれているので、外観の設計が図面に反映されていないのがとても残念。



b0049355_16415289.jpg
建部彩さん
この場所にあって誰でも立ち寄れる場所、年齢を超えて集え安らげる空間を、木をテーマに構成した爽やかな設計である。建物内の至る所にいろいろな緑を配置し、階が変わるごとに1本の木の見え方を変えながら連続していく空間作りは魅力的である。
店舗階・オフィス階とも専有と共有の面積バランスが良い。緑の吹き抜け空間がもう少し広いと良い。断面空間の良さが、せっかくなので立面にも反映してほしかった。



b0049355_16442468.jpg

真栄城奈緒さん
インフォメーションを兼ねた360度シアターの球空間を礎とし、それに連続する球によって構成された空間が魅力的である。各店舗空間は球を貫く通路でうまくつながり、空間内は大小いろいろな店舗で構成され不思議な魅力を提供している。数層に設けられたフロアーからは、球を覆う外壁のカーテンウォール越しに表参道の緑を見ることができる快適空間となっている。形状が複雑なだけに、図面や絵や模式図を使って納得いくまで表現してほしかった。

多摩美術大学教授 田淵 諭


------------------------------------------------------------------------------------------------------



第二課題
《インテリアデザインコース》
⑴飲食店舗ー解放する空間—長屋/担当 米谷ひろし准教授
⑵住まいー解放する空間—アーティストの為の長屋/富樫克彦教授・八島夕子非常勤講師

b0049355_17312336.jpg
b0049355_17304569.jpg
b0049355_17293932.jpg
b0049355_17291974.jpg
b0049355_17284846.jpg

b0049355_1734410.jpg
b0049355_17334347.jpg
b0049355_1733537.jpg
b0049355_1732423.jpg

b0049355_17353840.jpg

b0049355_17362793.jpg

b0049355_1737371.jpg

b0049355_17373994.jpg





第三課題
《インテリアデザインコース》
─ダイニングチェア、テーブルのデザイン及び製作─
担当:川上元美客員教授、富樫克彦教授

b0049355_18192472.jpg



【総評】

殆どの学生達が工房に初めて入ることから、様々な木工機械を扱って短期間で椅子を実作することは、本来かなり無謀なことかも知れない。
幸い完備された工房設備と先生方の丁寧な指導と尽力が、このカリキュラムを可能にしている。
本年も、自らデザインしたダイニングチェアの製作図をおこし、木材、部品、塗料の調達等々、限られた時間の中で、お互い協力し合いながら、なんとか見事に完成する事が出きた。
製作のプロセスを実体験し,自ら座って得る様々な感慨をとうして、日常の課題の成果を都心のギャラリーで発表出来る事も、貴重な体験として記憶に深く残ることだろう。
とくに本年は、カナダケベック州の木材製品輸出振興会から協賛をいただき、カナディアンメープル材を主材として椅子の制作を進めた。この場を借りて謝辞を申し上げたい。
また3作品が同振興会より表彰された。


b0049355_16403888.jpg

Shih-Tsai-Yun
成型合板フレームの特質を生かして、幅と厚さの対比が特徴的でどっしりと構えた佇まいが良い。ただ前脚と高脚の接合の細部が少々気になる。


b0049355_16412418.jpg

井上大志
背もたれ部の納まりがチャーミング。正面から眺めた脚部の不等厚に特徴あり製作時の苦労もうかがえる。ただ脚の細太の強弱を付け過ぎたように見受ける。


b0049355_16415975.jpg

富所 駿
段取りの良い作業で、安心出来る仕事ぶりが印象的、メープル材の特徴を生かした、イメージ通りのシンプルで清楚な椅子に仕上がっている。フィニッシュも美しい。


b0049355_16421457.jpg

寺田健太朗
成型合板の背、座一体のフォルムが特徴的であり、背上部の突起部も見かけよりしっかりとして居り、強度は確保されている。脚の角度の振り方に少々難があるが、良くまとまって居る。



b0049355_1643774.jpg

巽志緒里 
構造となる内部合板の接合に手を焼いていたが、無事に狂いも無く、突き板を張り上げて、プロポーションの良いダイニングチェアになった。合板の断面の仕上がりに留意すると尚良い。


b0049355_16433191.jpg

徳田可奈子
脚端から上部へと太くなる構成に特徴があり,シンプルでおおらかなチェアである。低めの座高に対してテーブルの高さ設定が高く差尺が有り過ぎ,その結果、座と背もたれのバランスが悪くなったのが残念。



b0049355_16435062.jpg

清本友輝
当初描いたイメージに固執しながら、木組みの方向に悩みながらも、工夫を凝らして、バランスの良い椅子にまとめ上げられている。



b0049355_16441443.jpg

樋下田知史
当初、メープル材のスーパー合板でフレーム部の製作を試みたが、プレス型の強度がなくて失敗。シナ合板に切り替え、メープルの突き板を貼ることで、プロポーションの美しい椅子になった。



b0049355_16443097.jpg

高瀬夏来
逆T字脚の優美な曲線で均整の取れた構成は、充分強度もあり上手な構成である。座前の、突き板と木口の処理にひと工夫有ると良かった。

多摩美術大学客員教授  川上元美





今回はケベック州木材輸出振興会/カナダウッドにご協賛いただき、ハードメープルを中心に使用した椅子制作となっています。

展覧会(ギャラリール・ベイン)での展覧会の様子

b0049355_18375273.jpg
b0049355_1833248.jpg

b0049355_1892229.jpg

課題出題者の川上先生、富樫先生と、ケベック州よりルイさん。
メイプルシロップ賞を獲得した富所君、清本君、井上君。

b0049355_18425424.jpg

課題を選択した学生たち


第四課題
《建築デザインコース》
被災地での「みんなの家」を考える
伊東豊雄客員教授、田淵諭教授

岩手県釜石市視察の様子
b0049355_1912444.jpg

b0049355_1915323.jpg
b0049355_1913889.jpg




多摩美術大学図書館(伊東豊雄先生 設計)で行われた講評会の様子
b0049355_19323599.jpg
b0049355_1929214.jpg




【総評】

今年の課題はかなり特異なテーマでした。ほとんど全員が釜石を訪れて現地の人達から直接話を聞き、その上で課題に取り組んでくれたことは提案からもよく伝わってきました。それぞれの被災地への想いを「みんなの家」として描いてくれたことに感激しています。いろいろな方向からの提案には実現してみたいものもいくつかあり、例年にない気持ちのこもった出来栄えだったように思います。ありがとう!


b0049355_19121714.jpg

井上大志さん
小さな佇まいが可愛らしい。高齢者や女性のためにという発想が良いし、利用者が自由に付け足していくというアイデアも良い。


b0049355_19133230.jpg

井上真さん
自分で建築自体をデザインするというより、住民やサポーターと一緒につくっていくためのシステムを提案している点が特徴的。是非実現してほしい。



b0049355_19142042.jpg


大島頌太郎さん
フレームのみを最初に用意し、人々が共同して集められたものでブリコラージュ的に組み上げていく提案は、コルビュジエのドミノに通じる。コンセプト抜群。



b0049355_19155114.jpg

b0049355_19152976.jpg

岡﨑 哲彦さん
バス停をみんなの家にという発想が良い。簡易なフラットルーフの下に小さな小屋が存在するのが素晴らしい。



b0049355_19164586.jpg

寺田健太朗さん
トレーラーで移動するキャラバンというアイデアが新鮮だし、リニア-に開かれたデザインも心地良い。


b0049355_19174132.jpg


柳田里穂子さん
学校の卒業式の場から発想したみんなの家は地域の人々に感激され、愛されるであろう。通常時の使われ方が空間に反映されるとより良くなるに違いない。



b0049355_19204359.jpg

梅原悠二さん
単純なアイデアだが、みんなでつくってみんなで祝うという喜びが伝わってくる。どこかの被災地でやってみたい。


多摩美術大学客員教授 伊東豊雄





《インテリアデザインコース》
—Tama Art University Promotion Pavilionー
担当:藤江和子客員教授、富樫克彦教授


【総評】
今年は受講人数が少なく、3チームとなったが、限られた期間に此の課題を充実して進めるには良かったのかもしれない。
3チームとも、プロセスにおいて 初めての共同作業の進め方に
苦労したようだ。表現者としての個人的な表現と社会性を持った理路整然とし
たコミュニケーションのなかでの表現のギャップに苦心した事は、今後に多い
に役にたつ事だろうと思う。相変わらず、模型製作作業や絵の表現には長けて
いるが、図面表現、コンセプト表現など基本的な能力にもレベルアップを期待
したい。又、A3版作品のまとめの作成の意味が十分に認識されていない事も社
会への関心が薄い証拠であろう。
来年からは、此の課題の主旨をもっと理解した上で、此の課題に望むような進
め方が必要であろう。


【参考作品 Bグループ】 
此の課題の目標とする成果にまずは到達している作品となった事は良かった。プロセスに多くの苦労を経験したようだが、更なる内容の充実やレベルアップを望まれる。

多摩美術大学客員教授 藤江和子


Bグループの作品↓
b0049355_19421654.jpg

b0049355_19424363.jpg

b0049355_19431343.jpg

b0049355_19434364.jpg





(fuku)
by edd-news | 2012-03-31 20:03 | Grade 3
多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012      学内展開催中
先日原宿クエストホールにて行われました多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012には、多くの皆さまにお越しいただきましてありがとうございました。 おかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。

本日より3/23(金)まで、同じく環境デザイン学科卒業・修了制作を八王子キャンパスにて展示しております。学外展に行かれるチャンスが無かった方や、多摩美のキャンパスの雰囲気を感じたい方などどなたでもご覧いただけますので、お気軽に お越し下さい。

■2011年度 多摩美術大学卒業・修了制作展
 環境デザイン学科:デザイン棟4・5F
 3/20(火)〜3/23(金) 
 10:00〜18:00(最終日〜15:00)

 http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/pro/gw/
 http://edd11.web.fc2.com/

(myj)
by edd-news | 2012-03-20 14:14 | Hot Topics
多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012      特設Webサイト
多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012の特設Webサイトがオープンしました。

http://edd11.web.fc2.com/

ご覧の上、是非原宿クエストホールにもお立ち寄り下さい。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(myj)
by edd-news | 2012-03-07 20:25 | Hot Topics
多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012
いよいよ環境デザイン学科卒業・修了制作学外展が今週3/9(金)〜3/11(日)に
迫ってきましたのでお知らせします。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。


多摩美術大学環境デザイン学科卒業・修了制作展2012 @原宿クエストホール
3/9 (金)10:00-20:00     
3/10(土)10:00-20:00
3/11(日)10:00-17:00

会期中イベント
3/10(土)10:30-12:30 ポートフォリオレクチャー(本学科1〜3年生対象) 
      15:00-17:00 特別講評会
             (客員教授 伊東豊雄先生、関根伸夫先生、
              川上元美先生、藤江和子先生による特別講評会) 
      17:00-19:15 レセプション
3/11(日)13:00-16:00 ゲスト講評会
             (AXIS編集長 石橋様、
             トラフ建築設計事務所 鈴野浩一様、
              TONERICO 米谷ひろし先生、君塚賢様、増子由美様
              によるゲスト講評会)


(myj)
by edd-news | 2012-03-06 13:26 | Grade 4
1年生第4課題「風景の中の住空間」
1年生第4課題「風景の中の住空間」の参考作品と出題者の田淵先生のコメントを紹介します。


b0049355_10201995.jpg

江波 蒼君の作品
棚田を敷地に、伸びやかに建てられた美しい住宅である。カーテンの開閉によって開放的にも閉鎖的にも出来るフレキシブルな空間は、住人にとっても、この住宅を訪れる人にとっても魅力的である。風景に柔らかく溶け込んだ住宅である。夜、明かりが灯った時もきれいに違いない。
中央の柱をなくす方法や、屋外との繋がりが出来るよう工夫すると、より良くなるだろう。




b0049355_10225190.jpg

岡 美里さんの作品
発電によって周辺の環境を感知し生き物のように動く住宅は、住宅の近未来を予感させる斬新な計画である。水平に設けられた透明な構造材(家具でもある)によって住空間と外部の環境が溶け合う様は、今回の敷地に不思議な魅力をもたらすに違いない。
最新の技術を使い計画にどうリアリティーを出せるか。もう一歩踏み込んでデザイン出来ると更によかった。




b0049355_10241620.jpg

菊地 慶香さんの作品
周辺敷地をよく読んでプランニングされている。十字形に設けられた廊下が効果的で建築と周辺環境とが一体のモノであることを感じさせてくれる。この廊下に続く伸びやかな吹き抜けを持った住空間は、住人にとって居心地がよさそうである。全体のプロポーションもきれいである。
全面トップライトのガラスのデザインをつめると更に良くなるだろう。




b0049355_10262349.jpg

小林 菜々美さんの作品
丘の上に立つ気持ちのよい住宅である。斜面から建物に入ると、「人と光りの住まう住宅」と名付けられた言葉通り、光りに導かれて上階のリビング空間に出る。半屋外のバルコニーとこの開放的なリビングには野分けの風が吹き渡るようである。同階の水回りの位置と面積バランスは絶妙である。
ロフト階壁面にも視線や風の抜ける開口部があると、更に空間に動きが出るのではないだろうか。




b0049355_10274312.jpg

長島 悠也君の作品
丘に建てられた魅力的な住宅である。エントランスから大きな開口に導かれるギャラリーホールと2階への階段が美しく気持ちがよい。2階に入ると前面に開けた窓から見渡す棚田の風景は圧巻である。
2階の両サイドの壁のデザインをもっとシンプルにすると、正面のピクチャーウィンド-がもっと魅力的になったであろう。



b0049355_1029761.jpg

早川 伸子さんの作品
棚田・川の上・斜面へかけて住宅の機能を分解し、各部屋を緩やかにデッキと階段で繋いだ住宅である。全体は住む公園のような感じで各施設が繋がり、各々の高さや部屋の向きの変化で敷地から見える空間の違いを楽しめそうである。室内よりも屋外のデッキに生活の主体があってもよいと感じさせる住宅である。
デッキの足とその下の空間の使い方の提案があるともっとよかった。



b0049355_1030928.jpg

川沿いの棚田の段差を生かし、住宅の各施設が書棚を併設したスロープで結ばれた住宅である。各空間は全体が見通せ、絶妙な距離感で繋がりを持ちながらそれぞれは独立した落ち着いた空間になっている。住宅全体は大きなピクチャーウィンドーによって、外部からは風景に同化したように見える。床下のピロティー部分の扱いを明確にすると建物が浮いてきれいに見えると感じた。





以上です。
(mi)
by edd-news | 2012-03-06 10:31 | Grade 1