S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
Hot Topics
Grade 1
Grade 2
Grade 3
Grade 4
Grade M
Open Campus
Joint Program
TokyoDesignersWeek
Lecture
School Life
Recruit
今日の花壇
学外業者リンク集
緊急情報
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
デザイン2第三課題「ひかり」講評
内原非常勤講師、目黒非常勤講師、廣木非常勤講師、松澤教授、吉村教授、橋本准教授ご担当の、デザイン2第三課題「ひかり」の講評が行われました。
本課題の参考作品を、メイン担当である内原非常勤講師、目黒非常勤講師、廣木非常勤講師のコメントとともにご紹介します。

b0049355_12194527.jpg

▲講評会の様子

(kh)



総評

建築・インテリア・ランドスケープが1つの課題で協働することは、ある意味では誰しもが求めていた形かもしれない。誰しもとは指導する側からも、またそうした指導を受ける側からも。初日の現地リサーチの時から例年の雰囲気とは異なっていた。その違和感は最終講評の時までつづき、最後までその理由に気付かなかった。一つ気付いたことは光が3つのジャンルに行き渡り、うまく接着したり、溶け合わせたりしていたことだ。(内原非常勤講師)

コンセプトが非常に良かったグループ、デザイン展開が秀逸だったグループ、プレゼのストーリーが楽しく練られていたグループ、光の質に工夫を凝らしたグループ、模型の製作に意欲的に取り組み丁寧な表現で伝えてくれたグループ…。個性と強みを様々に発揮し、グループ毎に特徴あるデザインへと発展させる事が出来ており、優秀な作品が多かった。短期間でデザインプロセスと協働作業を経験し、修得出来た事は大きな成果であった。(目黒非常勤講師)

光はそれ自体に形があるわけではないのでイメージを第三者に伝えるというのがかなり難しいものなのですが、それぞれのグループが熱意を持って工夫を凝らしたプレゼンはどれも見ごたえがあり素晴らしかったと思います。空間・時間的な要素を読み解きどんなシーンを作るかは光課題に限らず環境デザイン全てに共通する重要な点であり、今回の経験を今後にも活かしてくれるといいなと思っています。(廣木非常勤講師)

Bグループの作品▼
(池上里佳子さん、オム・ヒョンジさん、草野俊平くん、小峯卓馬くん、鈴木真佑さん、中暁洋くん、濵野麻友さん、三宅舟くん、ヨウ・キョクさん、小古井蒼くん)

模型写真↓
b0049355_12302941.jpg

b0049355_12311474.jpg

雨の日↓
b0049355_12314446.jpg

b0049355_1232990.jpg

b0049355_123314100.jpg

晴れの日↓
b0049355_1233193.jpg
b0049355_12324767.jpg
b0049355_12322926.jpg


建築、インテリア、ランドスケープの3パートに渡り一貫して、的を射て 余計なものを削ぎ落としたシンプルなデザインを成立させ、力強い説得力があった。途中経過においてアンバランスだったところを練り直して、トータルにディレクションがなされ、クオリティーを上げた事も評価したい。プレゼンにおいては、光のイメージの実演をチームワーク良く行い、工夫が見られた。(目黒非常勤講師)
最初の魅力的なアイデアを一貫性のあるコンセプトへと発展させていく過程と、手を動かしながらデザインを並行して進めていくバランス感覚が非常に良かったグループでした。欲を言えばもうちょっとリアリティがほしいかなと感じた部分もあり、イメージを実現するための具体的なスタディに踏み込めるとさらに説得力のある魅力的なプランになるのではないかと思います。(廣木非常勤講師)
by edd-news | 2014-09-13 12:39 | Grade 2
<< 誠美保育園見学 多摩美術大学 校友会 事務職員... >>